青汁 豆乳 飲み方

青汁を豆乳で割る飲み方はおいしい?

青汁

苦くて飲みにくいイメージのあった青汁

苦くて飲みにくいイメージのあった青汁ですが、最近のものは飲みやすいよう工夫されています。

 

ケールがベースだったり、明日葉がミックスされていたり、複数の緑黄色野菜が最初から入っているものなど、種類もたくさんあります。

 

しかし、それでも苦味や青臭さは青汁の特徴でもあるので、完全に無くなったわけではありません。

 

それが好きという人もいるでしょうが、どうしても苦手な人も多いはず。

 

少しでも飲みやすいようにする一手間として、ジュースや牛乳など他の飲み物と割るという方法があります。

 

豆乳で割る飲み方

中でも栄養効果の高い豆乳で割る飲み方は美味しいのでしょうか。

 

豆乳も癖のある飲み物ですが、青汁と合わさることでお互いの独特な味わいをうまく消し合うことができます。

 

敏感な人はそれでも青汁の青臭さが勝ってしまうことがあるので、そのような場合はハチミツやきな粉、ごまなど、味や香りをさらにプラスする飲み方がおすすめです。

 

豆乳は牛乳にくらべて、タンパク質が多く、鉄や葉酸、イソフラボンなど、栄養素が豊富に含まれています。

 

特にタンパク質は栄養自慢の青汁もカバーできていない栄養素。

 

タンパク質が入ることで、より健康効果の高い飲み方にすることができます。

 

対してはカロリーは牛乳に比べると控え目。

 

いくら青汁が低カロリーで栄養豊富でも、割って飲むものが高カロリーでは意味がありませんよね。

 

さらに豆乳は大豆イソフラボンの効果により、女性ホルモンのバランスを整えたり、善玉菌を増やして便秘解消が期待できたりと、多くのメリットがあります。

 

豆乳割り青汁は、野菜不足の人、年齢のため肌の調子が気になる方、お腹の調子に悩む方など、様々な人にピッタリの飲み方といえますね。